FC2ブログ

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「くす・・それじゃ、オナニー見せてもらおうかな?勇次・・・(微笑)」
そう言いながら、今度は、服の中から竿を弄る。
「あぁっ・・・まって・・駄目」
「駄目なの?」
そう言いながら、先の入り口に指を馳せてくるくると廻した。
「あぁぁぁぁ・・・駄目・・・まだ・・できないよぅ」
「駄目って言いながら感じてるじゃないの・・・・
 元気になるように弄ってるんだから大丈夫よ。」
彼の精液が良い潤滑油代わりになり、彼はそれでより喘ぐ。
雁の部分を人差し指でするすると擦りながら、耳の傍に口を近づけた。
「んぁ・・・そこ・・」
「くす・・・気持ち良い?・・」
耳元で囁きながら息を吹き込む・・・
「あぁっ・・気持ち良い・・・んぁ」
その頃にはもう、竿は大きくなっていた。
耳たぶを噛んで甘噛みをしながら、彼の耳に言葉を吹き込む。
「弄られるの・・大好きなのね・・勇次は・・」
そう言いながら、ふぅ~と・・・続いて息を吹き込む。
「あぁぁぁっ・・・あ、駄目・・イク。」
ピクっと体を反り返る彼に、私は慌てて彼の玉を掴んで引き下げた。
「あぁぁぁぁぁぁぁっっ」
「まだ、逝かせないわ。私の前でオナニーしてくれる約束でしょ?(微笑)」
軽く白濁液を漏らしながらもヒクヒクしている竿を感じながら、
峠が越すまで玉を掴んで引き下げていた。
「うぅぅ・・・します・・オナニー・・します・・・」
「良い子ね・・・(微笑)
 その前に、あなたの精液で濡れた私の手を綺麗に舐めなさい。勇次」
手を引き出しながら勇次の前に手を差し出した。
「はい・・・亜衣様・・・」
勇次は、手をとり最初はぺろぺろ舐めるようにしていたが、
味に慣れたのか最後には指を一本一本、くわえ込んで、指の間から手の平まで
すみずみまで舐め尽した。
私は、彼の半ば陶酔したような顔をしながら自分の精液を舐める
彼の様子を見ながら愉しんでいた。
「綺麗になりました・・・」
「くす・・ありがとう・・自分の精液の味はどうだった?」
「・・苦かったです・・」
「・・苦いのに美味しそうに舐めていたわね。」
「亜衣様の手だから・・・嬉しかった・・
 今までこの手が弄っててくれたんだって思ったら・・」
勇次は私が嬉しくなるような言葉を知っているのだろうか?
その言葉を聞きながら、私は彼を飼おうと思った。
「そう・・この手で弄ったの。綺麗になったわありがとう・・」
そう言いながら、彼の舐めた上から自分の手を舐めて見せた。
彼は、その行為をじっ・・と見つめていた・・。
「それじゃ・・オナニー見せてもらおうかしら?」
「はい・・・亜衣様・・」


彼は、そそくさとズボンを下ろし始めた。

 

続く
スポンサーサイト
[PR]
[PR]




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2004 SMと催眠、&つれづれ日記, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。