FC2ブログ

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある時、仕事場の仲間の企画で参加したあるコンパで私は彼と出逢った。
どこが魅力的というわけではない。どちらかと言えば冴えない印象の彼だが、
何故か可愛いと思った。それは母性本能をくすぐるのか?
それとも、加虐心を煽るのか?・・・・彼の場合は後者だった。

コンパの人数は男4人に女3人。
普通に会話を楽しみながら歌ったり、飲んだり。
そうしていた時、どうやら彼も私に興味を持ったようだ。
私に積極的に話を持ちかけてくる。
話をしながら、何故か私は「あぁ・・この子はMだ・・」と確信していた。

その日、パーティの主催者だった仲間が飲みすぎで潰れてしまい、
その会場の時間も決まっていた為、仕方なくお開きになった。
けれど、その子の看病という事で仕方なく、
家の一番近い人の部屋に連れて行く事になった。

そう・・彼の家である。

中はとても殺風景だった。テレビにふとん。ただされだけ。
彼が言うには、数日前に越して来たばかりだという。

とりあえず、看病をしながら何度か吐かせ、
私は時間が時間なので帰る事にした。
そして送って貰ったのも彼だった(笑)。

帰り際、色々会話をしながら道を急ぐ。
その時に特にSM等の会話はしなかった。
それもそうだ。逢ったばかりの二人がそんな事、突然口に出来るはずもない。
が、互いに何かを感じ取ったのかメール交換をすることになり、
それから、連絡を取るようになった。

数日後、メールで普通の会話を何度かした後、彼と二人で遊ぶ事になった。
これまた居たって普通。でも、私は彼に好意を持った。
何故か、一緒に居て安らぐのである。彼は大変だったかもしれないが(笑)

そして、暫く後、彼が私の仕事場に顔を出した。
パーティの主催者は元気に話しかけ、この前のお礼を伝えていた。
彼は、「いやぁ・・大丈夫だった?」と心配気な様子を見せている。
「急に男の部屋なんかに泊めてごめんなぁ・・」と逆に謝っていたり。(笑)
そんなこんなで皆で会話をしながら、仕事の締めに入った頃、
主催者だった子が、「売り上げ少ないから何か買っていってよ」と言い出した

が、買って言ってよといっても、この場所はレディースブティックだ。
当然、彼の好むものはない・・・・・筈だった。(爆)

そう、彼は普通気を装いながら
女性用の下着とアクセサリーを買っていったのだ。
私は彼のその行動に何かしら惹かれた。
惹かれたと言うべきではないのかもしれない。
何かMの香りを感じ、その様子をじっと見守っていたに近い。
言うなれば視姦にも通ずる。(笑)
そこに、誰も居なければ・・・ビデオも回っていなければ、
彼を虐めていたかもしれない。

彼は少しだけ赤くなりながら、レジに商品をもってきた。
彼曰く、これらの商品は昔の彼女にあげるらしい。
『可愛い子・・・』と思いながら、私は商品を袋に詰め手渡した。
そして、彼は逃げるように普通気を装いながら帰っていった。(笑)

その日、彼からのメールが来た。
『いやぁ・・ビックリしたよ。買うって言っても女性品だしさぁ~・・etc』

私は、ほくそえみながらメールを眺めていた

続く
スポンサーサイト
[PR]



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMと催眠、&つれづれ日記, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。