FC2ブログ

admin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠小説:【闇の現小説】一覧ページ
http://aibox.blog2.fc2.com/blog-entry-154.html

【闇の現小説】
前小説:http://aibox.blog2.fc2.com/blog-entry-175.html



ロマネ・コンティ

かなり荒れた、オレンジがかった茶色。
やや"かび"っぽく、"はつかねずみ"のようだが、それがやがて消え、
とても燻香が出る――まるで、いぶした干しぶどうの香り
味わいにも非常にあぶったような風味がある――辛口、しかし非常に濃縮感。
"誘惑"のワインではなく、非常に"厳格"なワイン。

『ロマネ・コンティ』 リチャード・オルニー 著 山本博 訳より




その夜。店は大盛り上がりだった―

なにせ、中々でない希少酒であるロマネ・コンティが出たこともあるが、
智也はその酒を、店にいる全員に飲みたいものがいたら、飲ませたのである。

めったに手も出すこともできない酒のため、
本来は店に飾るかのように置いてあるお酒が、
今、目の前で飲めるとあっては、いるメンバーも浮世立つ。

一本250万するお酒だ。
逃すものはいなかった―


智也は、そんな中、気軽にみんなに飲ませながらも、
自分の分として注いだ、いっぱいのロマネ・コンティの味わいをじっくりと味わっていた―

―ちょうど、今の俺にはいいな・・―


美帆に言われて頼んだ酒だが、(頼むと同時に美帆は、喜びながらも真っ赤になっていたわけだが―)
最初の一件目の店で、既に数杯バランタインロックを開けて来た彼には、
ターキーの甘みよりも、この渋い味が意識を明確にさせ、
より意識を、研ぎ澄ますことができた。


適度に舌に滴らせるように含みながら、
智也は克司に渡されたであろう「今あたまの中にある情報」を
咀嚼していた。




―――――――――――――――――――




「どうぞ。」
カタン―

突然、目の前に生ハムとチーズのオードブルが出される。
よく見ると、マスターがにこやかに目の前に立っていた。


「宜しければ、頂いて下さい。
 今日はありがとうございます、みんなもあんなに喜んで。」
それは、マスターからの気遣いだった―

マスターも彼が来るときは、何かがあった時だということは何かわかっていた。
だが、荒れるでもなく尖るでもなく、店に問題も起こすわけでもなく、
それよりも、店にいつも多くのお金を落とし、帰っていく姿に、
マスターは感心したものだ。



そこには、ひとつの品性。 ―あるべき姿勢を感じられた。



それが、彼なりのポリシーであり、同時に自分自身を保つための方法でもあるのだろう。
そう思いながら、普段しょっちゅう来る客ではないが、大事にしてきたのだ。


だが――― これまで、ここまでお金を落とすことはなかった ―――


きっと、かなりの事が起こったのだ。
だからこそ・・・・


周りへの配慮を忘れない。喜ばせる。
そして、同時に自分の軸を失わないように――
自身の空間をひっそりと保っている――


柔和に対応しながらも、彼の周りには何か、近寄りにくい雰囲気が密かに漂っていた―
それは、密かに彼が一人になりたいというメッセージでもあり、
同時に、その状態でこの店に来るのは、気晴らしをしたいという意味合いでもあった。


「いや。 タダの気まぐれだよ。 いつか飲んでやる!って決めて、やってきたからね(笑)」
そう言いながら、チーズを生ハムに包みながら、口に含む。

「お。これうまいな・・ (ワインと)合うね~w ありがとう。」

「いえいえ。お口に合ったようで良かったです(笑)」

「普段、つままないからね。俺。こういうのあんまり知らないんだわw」

「おや?そうなんですか? 結構飲んでらっしゃるイメージでしたが。。」

「大概は、ターキーとかロックと、店から出されたつまみ程度で終わるんだよ。
 俺の場合、酒さえあればいいからねw」

「それはまた寂しい。 つまみもたまにはとても・・・気分を変えてくれますよ(笑)
 美味しいものほど・・・自然と笑顔になります。」


その言葉を聞いて、若干苦笑する―
俺としたことが。
多少漏れい出ていたか―


「笑・・・あぁ、そうらしいな。
 今日はちょっと、、いろいろあったが・・・・
 これまで飲めなかった、ロマネも頂いたし、合うつまみに出会えて、気分が変わったよ・・(笑)」


そういいながら、気づいたら一皿を軽く平らげていた―
もうひとつお出ししますか?と聞かれ、頼む。と答える智也。


つまみは、女性用で自分が食べるものではないと考えていたが、
たまには自分が頂くのもいいものだ。
用意をしに下がったマスタ―の様子を見ながら、そんな事をふと思っていた。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 SMと催眠、&つれづれ日記, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。